構造物の保護、防食・防水・止水工事のご相談はレジテクト工業会へ

高性能床版防水システム|GS-M工法

レジテクトの商品分野と工法

道路橋床版は使用環境において、様々な劣化要因の作用による損傷をうけています。橋梁における鉄筋コンクリート床版や合成床版において、長期にわたる積載車両の通行や膨張収縮によりクラックが発生していることが多く、このクラックに雨水等が供給されるとコンクリートの劣化は加速度的に進行します。
さらに融雪剤の使用によりコンクリートの劣化に拍車をかけることが報告されています。このことから道路橋床版の疲労耐久性を確保するためには、床版内に水を供給させない床版防水工を施すことが極めて重要であることが認識されてきています。
GS-M工法は南北に長い日本の国土において様々な自然条件下での高機能床版用防水工法として開発されたウレタン・ウレア樹脂を用いた床版防水工法です。

特徴

1,下地との一体性
下地コンクリートとの接着力が高く、シート防水工法のようにコンクリートと防水層の間に水が横走りすることが非常に少なくなります。
2,塗膜厚の確保
新設橋梁はもとより既設橋梁の切削下地の凹凸や縁石・地覆・集水枡・フィンガージョイントにも下地を完全にトレースした防水塗膜が形成できます。
3,工期短縮
本材料は吹き付け後約3〜5分で指触が可能、約30分後には歩行可能な超速硬化材料のため、工期短縮に大きく貢献します。
4,シームレスな防水膜
超速硬化ポリウレタン・ポリウレア専用吹付けシステムによるスプレー吹付け施工のため、突起物や出・入隅等、複雑な部位にも連続した継目のない防水膜が形成できます。
5,安定した作業環境
超速硬化ポリウレタン・ポリウレア専用吹付けシステムによって温度コントロールするため、夏の猛暑や厳寒の冬でも施工が可能で、一年を通じて安定した物性を持った防水層が形成できます。
6,環境対応商品
超速硬化スプレーウレタンは、完全な無溶剤製品ですので、溶剤の揮発による臭気もなく、環境にも優しい製品です。

工法


●防水材吹付
 
施工完了

●舗装接着剤塗布

仕様

GS-M工法 床版部
工程 種別 製品名 備考 使用量
1 床版用接着材※1 レジプライマーPW-F + PW-F 硬化促進剤 エポキシ樹脂 0.3kg 0.24kg
普通ポルトランドセメント セメント 0.06kg
2 防水材 レジテクトGS 500ウレア ウレタン・ウレア系樹脂 1.7 s
(≧1.5 o )
3 層間接着材※2 レジプライマーJ ウレタン系樹脂 0.15kg 0.13kg
普通ポルトランドセメント セメント 0.02kg
4 舗装接着材 アスプラスコートM 特殊改質アスファルト 1.2kg
※1 レジプライマーPW-Fの重量に対して25%の普通ポルトランドセメントを混合する。
※2 レジプライマーJの重量に対して12. 5%の普通ポルトランドセメントを混合する。

GS-M工法 端部
工程 種別 製品名 備考 使用量
1 床版用接着材 レジプライマーPW-F + PW-F 硬化促進剤 エポキシ樹脂 0.3kg 0.24kg
普通ポルトランドセメント セメント 0.06kg
2 防水材 レジテクトGS 500ウレア ウレタン・ウレア系樹脂 1.7 s
(≧1.5 o )
4 端部保護材 レジトップN アクリルウレタン系樹脂 0.15kg
※レジプライマーPW-Fの重量に対して25%の普通ポルトランドセメントを混合する。

WG工法 端部
工程 工程 製品名 種別 使用量
1 床版用接着材※ レジプライマー PW−F(R1) エポキシ樹脂 0.24kg/m2
普通ポルトランドセメント セメント 0.06kg/m2
2 防水材 レジテクト500 R1(NL) ウレタン系樹脂 1.5kg/m2
(≧1.2 o )
3 レジプライマーWG レジトップ アクリルウレタン系樹脂 0.15kg/m2
※レジプライマーPW−F(R1)の重量に対して、25 %の普通ポルトランドセメントを混合する。

※工法の写真をクリックすると、各工法の説明がご覧頂けます。