構造物の保護、防食・防水・止水工事のご相談はレジテクト工業会へ

コンクリート保護・はく落防止対策工法|RT工法

超速硬化ウレタンの厚膜塗膜により驚異の下地追従性を発揮

NEXCO規格「はく落防止の耐久性能試験」に合格 コンクリート構造物においては、雨水や地下水、融雪剤や飛来塩および海水による塩分の浸透により鉄筋の腐食・発錆から爆裂欠損を誘発し構造物の強度を低下させます。トンネル内でのコンクリート塊落事故や高架橋からのコンクリート片はく落事故等を受けて、発注者はコンクリートのはく落を防ぐために独自の基準を作成し、一斉に対策工事に取り組んでいます。
当社ではこの様な問題点を解決するために、抗張力部材としての繊維を用いずに「性能規定」が満足できるコンクリート片はく落防止対策仕様「レジテクトRT工法」を開発致しました。

特徴

1,優れた施工性
吹付工法であるため、T桁のような複雑な下地形状に対しても均一な塗膜を構築でき、従来工法と比べ工程が少ない為工期を大幅に短縮できます。
2,無溶剤樹脂
レジテクト100(R1)は、無溶剤で100%固形分のスプレーウレタンのため、厚膜施工が可能で肉痩がほとんどありません。
3,安定した塗膜物性
レジテクト100(R1)は、超速硬化ポリウレタン・ポリウレア専用吹付システムにて吹付け、十数秒で硬化するために、天候の影響を受けにくく、低温作業も可能です。
4,優れた塗膜性能
レジテクト100(R1)は、高密度ウレタンであるために、押し抜き試験に対する抗張力以外にも優れ、また塩化物イオンや炭酸ガス透過抵抗性も極めて高く、躯体の劣化を抑制します。

工法

▼STEP1   ▼STEP3   ▼STEP5
   
施工前   レジテクト100(R1)吹付
▼STEP2   ▼STEP4  
   
プライマー塗装   トップコート塗布   施工完了

抜群の性能 〜押抜き試験〜

 
荷重(kN)
変位 (mm)

仕様

はく落防止、中性化・塩害防止 RT-1工法
工程 使用材料 使用量/㎡
1 レジプライマーPW-F (セメント添加) 0.2kg
2 レジテクト100(R1) 1.5kg
3 レジトップ 0.15kg
※ロス率は含みません
はく落防止、中性化・塩害防止 RT-2工法
工程 使用材料 使用量/㎡
1 レジプライマーPW-F (セメント添加) 0.2kg
2 レジテクトT-50N 0.5kg
3 レジテクト100(R1) 1.2kg
4 レジトップ 0.15kg
※ロス率は含みません
中性化・塩害防止 RT-H工法
工程 使用材料 使用量/㎡
1 レジプライマーPW-F (セメント添加) 0.2kg
2 レジテクトT-50N 1.5kg
3 レジトップ 0.15kg
※ロス率は含みません

※工法の写真をクリックすると、各工法の説明がご覧頂けます。