構造物の保護、防食・防水・止水工事のご相談はレジテクト工業会へ

地下構造体シームレス工法|CVスプレー工法(SQS工法)

地下の諸条件を克服し、理想の外防水を実現する新工法

地下構造体への外防水は、躯体内部への水の侵入を防ぐと共に塩分などを含んだ水から躯体を保護するために必要不可欠な工法です。 しかし、施工面の凹凸、不十分な乾燥、セパレータ等の突起物、埋め戻しの際や、不等沈下等によるジョイントのズレなど、地下特有の諸条件が、従来の防水工法では大きな障害となってきました。超速硬化ポリウレタン・ポリウレア専用吹付システムによる成膜技術により、躯体を高い性能で被覆し、信頼性の高い防水効果、保護効果を実現したのがダイフレックスの外防水工法です。
[技術審査証明取得第0422号]

特徴

1,工期・工費削減のローコスト工法
防水先施工は下地を作らずSMW等の山留め壁に直接施工するため、防水下地に要した工期、工費を削減できます。また、防水後施工は、躯体にしっかりと接着するため、埋め戻しの際の保護材が必要なく、工期、工費を削減できます。
2,複雑な形状もシームレス完全防水
超速硬化スプレー施工のため、シームレスで水密性の高い防水層を形成できます。しかも、セパレータ、中間杭廻りなどの複雑な形状も確実に接着してトレースするため、水が内部に入るのを防ぎます。
3,均一、高物性メンブレン防水
超速硬化ポリウレタン・ポリウレア専用吹付けシステムにより、一定量材料分が供給され、外気温などの作業環境に左右されることなく、均一で高品質な塗膜物性を実現します。

工法

防水先施工

防水先施工
▼Step1
●SMW連続壁   施工前
▼Step2
●下地をトレースしながら
タッカーにより固定
  フレキシート(不織布)
メカニカル固定
▼Step3
●CVスプレー吹付け   フレキシート(不織布)
上にCVスプレー施工

防水後施工

防水後施工
▼Step1
●超速硬化ウレタンをコンクリートに直接スプレー
▼Step2
●保護材なしで埋め戻しが可能   ●H鋼などの複雑な形状にも施工が可能

仕様

CVスプレー(防水先施工)

工程 材料名 使用量
(/㎡)
備考
1 フレキシート
(不織布)
1.05m 塗り継ぎが発生した場合は、
専用プライマーを使用してください。
2 タッカー 5本以上
3 補助テープ 0.7m
4 CVスプレー
(膜厚2.0mm以上)
2.55kg
5 ダブルテックスRG 0.2〜0.3kg
※CVスプレーの比重は1.0です。

CVスプレー(防水後施工)

工程 材料名 使用量
(/㎡)
備考
1 レジプライマーPW-F
(セメント添加)
※0.2kg ※下地によりプライマーの
吸い込みが著しい場合は
2回施工してください。
2 CVスプレー
(膜厚2.0mm以上)
2.55kg
※CVスプレーの比重は1.0です。

※工法の写真をクリックすると、各工法の説明がご覧頂けます。