構造物の保護、防食・防水・止水工事のご相談はレジテクト工業会へ

防食・ポリウレアスプレー工法|BT工法

耐食性にすぐれたポリウレア樹脂を用いたスプレーライニング工法

BT工法とは、イソシアネートと特殊アミンの2成分を、自動定量混合スプレー装置を使用して圧送・混合・吐出させ、施工面にスプレーし、瞬時にポリウレア樹脂塗膜を形成する被覆防食ライニング工法です。 硬化時間が約14秒程度のため、壁面はもちろんのこと天井面でもダレることなく均一な防食ライニング層が形成されます。 そのため大幅な工期短縮が図れ、上・下水道施設のコンクリート構造物や鋼構造物などの防食・防水・保護を目的とする改修工事に、画期的な超速硬化ライニング工法です。
  • 上水道施設 内面防食塗装 BT-C/BT-D工法
  • 下水道施設 内面防食塗装 BT-JW工法
  • 鉄部防食・防錆 BT-T工法

特徴

1,機械施工
超速硬化ポリウレタン・ポリウレア専用吹付けシステムを用い、材料を定量的に施工面へ圧送し、スプレーガンにて瞬時に皮膜を均一に施工します。
2,性能
耐薬品性、接着性、ひび割れ追従性、耐磨耗性、防水性に優れた被覆層です。
3,安全性
BT工法のポリウレア樹脂は、無溶剤、無触媒で可塑剤も含まない環境に優しい材料で、平成12年厚生省告示第45号やJWWA k143の規定合格により飲料用ライニング材としても安全な製品です。
4,成膜
BT工法のポリウレア樹脂は、独自の技術により反応を制御しているため、ピンホールの発生を防ぎ、平滑な塗膜仕上りとなり、さらに接着性と成膜性が飛躍的に向上しました。
5,施工性
スプレー施工のため、様々な形状に対して均一な厚さの被覆層が形成され、複雑な形状箇所への施工も可能です。
6,工程
スプレー施工と超速硬化のため、床、壁および天井面へ優れた施工性を有し、施工開始から稼動までの時間が従来の工法に比べて極めて短く、工期の短縮が可能です。

工法

本工程は標準的には、下地処理→素地調整→被覆層形成の各工程からなります。

用途

  • 浄水処理施設
  • 配水池
  • 着水井
  • 沈殿池
  • 漁業施設(養魚場)
  • 農業施設(開水路)
  • 雨水路

仕様

日本水道協会 上水対応 レジテクトBT-JW工法
工程 材料名 使用量/u 備考
1 プライマー兼用素地調整材 レジテクトEP−F 0.6〜1.0kg エポキシ樹脂
2 上塗り レジテクト5000(JW) 2.1kg ポリウレア樹脂
色:グレー・ブルー
施工厚 1.8mm以上(硬化後厚さ)
形状、条件により使用量が増加することがあります。
次亜塩素酸ソーダによる退色、紫外線による変色等ありますが、物性には影響ありません。
オプションとしてトップコート仕様があります。

用途

  • 下水道処理施設
  • 排水・廃液処理施設
  • 海洋構造物
  • 汚泥送水設備
  • 汚泥処理設備
  • 工場内排水路 など

仕様

水道事業団 C種対応 レジテクトBT-C工法
工程 材料名 使用量/u 備考
1 素地調整材 レジテクトEP−F 0.6〜1.0kg エポキシ樹脂
2 上塗り レジテクト5000 2.1kg ポリウレア樹脂
色:グレー
施工厚 1.8mm以上(硬化後厚さ)

下水道事業団 D1種対応 レジテクトBT-D工法
工程 材料名 使用量/u 備考
1 素地調整材 レジテクトEP−F 0.6〜1.0kg エポキシ樹脂
2 上塗り レジテクト5000 3.1kg ポリウレア樹脂
色:グレー
施工厚 2.7mm以上(硬化後厚さ)
下地処理については高圧水洗またはサンディングなどによりコンクリート表面に存在する
レイタンス・ほこり・汚れなど劣化部除去し、断面修復を行う。
数値は新設時標準のものです。形状、条件により使用量が増減することがあります。

用途

  • 鋼製タンク
  • 鋼構造物
  • ガス管ライニング
  • 巡視船ヘリポート
  • 海洋構造物

仕様

鉄面防食 レジテクトBT-T工法
工程 材料名 使用量/u 備考
1 下塗り レジプライマーPW-F
(セメント添加) (注)
0.2kg エポキシ樹脂
2 中塗り レジテクト-5000 2.1kg・3.1kg ポリウレア樹脂 色:グレー 1.8mm・2.7mm
3 上塗り ※
レジトップ
0.15kg 変性アクリルウレタン樹脂
表面処理はサンドブラストにてSa2.5まで除去する。(耐水性が必要な部位)
またはサンダーケレンにてSt3.0まで除去する。
露出箇所には上塗りとして変性アクリルウレタン樹脂を塗布します。

※工法の写真をクリックすると、各工法の説明がご覧頂けます。