構造物の保護、防食・防水・止水工事のご相談はレジテクト工業会へ

工法紹介

レジテクトの商品分野と工法

◆GS-M工法<高機能床版システム
道路橋床版はその自然環境や車両通行量等の使用条件において、様々な劣化要因の作用を受けています。GS-M工法は南北に長い日本の国土において様々な使用条件下での高機能床版用防水工法として開発されたポリウレタン系防水工法です。
◆CVスプレー工法<地下構造体シームレス防水
トンネルや地下鉄に代表されるコンクリート地下構造物は日々地下水の浸食にさらされています。CVスプレー工法は超速硬化ウレタンの優れた成膜技術と高い防水性で構造物内部への水の浸入を防ぐ地下防水工法です。また、高い耐久性と粗度係数の改善により農業開水路の長寿命化工法としても使われます。
◆BT工法<防食・防錆ライニング
上下水道水槽・雑排水槽・工場処理水槽・海洋構造物等の鋼・コンクリート構造物は次亜塩素酸、硫化水素、各種薬剤等に侵され、化学的劣化や中性化などの影響を受けています。BT工法はポリウレアの高い耐薬品性・防水性を用いて鋼・コンクリート構造物を守るライニング工法です。
◆RT工法<コンクリート保護・はく落防止
コンクリート構造物は雨水や飛来塩による塩害や、中性化の影響を常に受けています。RT工法は塩害・中性化防止性能はもとより、従来のはく落対策工法と異なり連続繊維を用いずに十分なはく落防止性能を持ったコンクリートの保護工法です。

※工法の写真をクリックすると、各工法の説明がご覧頂けます。