構造物の保護、防食・防水・止水工事のご相談はレジテクト工業会へ

港湾・空港施設等のコンクリート表面保護

沿岸のコンクリート構造物を、
さまざまな劣化要因から伸びのある高物性な被覆材で保護します。

沿岸のコンクリート構造物は、塩害・水密性・中性化・アルカリ骨材反応等の対策が求められます。沿岸のコンクリート構造物が長期間潮風等にさらされると腐食が進み、劣化・老朽化が進行してしまう恐れがあります。コンクリートの表面保護材として、高追従性で高物性の表面被覆材で保護することが求められます。

CVスプレー工法

主に沿岸地域のコンクリート構造物の表面保護システムとして、一般財団法人沿岸技術研究センターの「港湾関連民間技術の確認審査・評価報告書」を取得した港湾・空港施設及び道路・橋梁等におけるコンクリート表面保護工法です。

さらに詳しく

  • 施工事例を見る
  • 施工会社を探す
  • 工法について問い合わせる
活用例選択に戻る