構造物の保護、防食・防水・止水工事のご相談はレジテクト工業会へ

鉄部防食・防錆

鋼構造物、タンクなど複雑な形状に均一な被膜形成が可能なスプレー施工

鉄をはじめとする金属類は年月を経るにしたがって徐々に錆が出てきてしまいます。水や酸素、様々な要因で腐食は進行していきます。表面処理や塗装を施して、錆の原因となる水や酸素に直接鉄の生地が触れないようにすることが大事です。
プラントやタンクのような複雑な形状にも対応できる施工方法が必要となります。

BT-T工法

鋼製タンク・鋼構造物など鉄部の塗装には、複雑な形状に対しても均一な厚さの被覆層が形成され、施工開始から稼働までの時間が従来の工法に比べ大幅に短縮されるスプレー工法です。

さらに詳しく

  • 施工事例を見る
  • 施工会社を探す
  • 工法について問い合わせる
活用例選択に戻る