構造物の保護、防食・防水・止水工事のご相談はレジテクト工業会へ

剥落・中性化・塩害防止

コンクリート構造物の劣化原因はさまざま。
自然の影響から保護する被膜工法を。

コンクリート構造物の剥落による事故は、様々な箇所で発生しており、社会問題の一つでもあります。コンクリート構造物は振動によるひび割れなど物理的な要因だけでなく、気中の炭酸ガスによるコンクリートの中性化や、飛来塩などの塩害による鋼材の劣化など、自然現象からも劣化が進みます。これらの要因からコンクリートを被覆保護する必要があります。

RT工法

吹付け工法により、複雑な下地形状に対して均一な塗膜を構築でき、従来工法と比べ工程が少なく工期を大幅に短縮できる、NEXCO規格に合格したコンクリート保護工法です。

さらに詳しく

  • 施工事例を見る
  • 施工会社を探す
  • 工法について問い合わせる
活用例選択に戻る