構造物の保護、防食・防水・止水工事のご相談はレジテクト工業会へ

床版防水

道路橋の床版防水にウレタン・ウレア樹脂のシームレス防水で
コンクリート劣化を防ぎます。

道路橋床版は使用環境において、様々な劣化要因の作用による損傷をうけています。長期にわたる積載車両の通行や膨張収縮によりクラックが発生していることが多く、このクラックに雨水等が侵入するとコンクリートの劣化は加速度的に進行します。さらに融雪剤の使用によりコンクリートの劣化に拍車をかけることが報告されています。
道路橋床版の疲労耐久性を確保するためには、床版内に水を侵入させない床版防水工を施すことが極めて重要です。

GS-M工法

南北に長い日本の国土において様々な自然条件下での高機能床版用防水工法として開発された優れたウレタン・ウレア樹脂系床版防水工法です。

さらに詳しく

  • 施工会社を探す
  • 工法について問い合わせる
活用例選択に戻る